雨漏り修繕で火災保険が利用できる

雨漏りがした時に火災保険の補償内容を確認しましょう。火災保険の主な補償内容に建物と家財があります。火災はもちろんのこと落雷、水災、水濡れ、爆発、盗難、衝突等及び落下、と気象による影響があります。気象による影響は雨・風・雪・雹です。

この補償内容に雨漏りが適用できることがあります。雨漏りの多くは屋根や雨樋から発生し、壁に漏れが生じることもあります。台風等により瓦がずれて割れ、そこから雨水が入るケースや雨樋に風雨で飛来したごみや落ち葉が詰まり、オーバーフローによる雨漏りを誘うケース、外壁のクラック部分から強い風雨の影響で雨が侵入するケース、窓枠部分の水切りのコーキングが経年劣化によるひび割れから雨が侵入するケースがあります。住宅内に雨漏りとして被害が出た場合、すぐに保険会社および加入した際の代理店担当者に連絡して、現地調査をしてもらいましょう。

現場の調査後に火災保険が適用となる連絡が入れば、修理業者に見積もりを依頼しましょう。見積もりを保険会社に送り、審査の結果で保険支払額が決定すると、該当口座にお金が振り込まれます。業者に依頼する際には火災保険を利用することは告げないようにしましょう。保険適用となると見積額を大幅に上げる業者があり、見積額が多ければ保険金が十分に支払われないこともあります。

見積もり内容が曖昧である場合、保険会社への心象が悪くなります。ただし、補償内容で気象による影響が適用できるかを確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *