火災保険は雨漏りでも使える?

火災保険というと火災専用の保険のように思えますよね。実際、そのような誤解をしている人は非常に多いです。火災保険は家が火事になった時にしか使えない保険だと考えていませんか?実はその認識は間違っているのです。火災保険という名前から火災だけが保険範囲のように思えますが、実は雨漏りや雹、風、台風なども保障範囲になります。

その他に水道管からも水漏れや水濡れ、窃盗や不注意による破損、雷なども保障の対象になります。いかがでしょうか。意外だと思いませんか?特に覚えておきたいのが雨漏りを始めとした水害による被害を保障してくれるという点です。名前が火災ですので、水の災害はまさに真逆のことです。

しかし火災保険では水による被害もきっちり保障対象に含まれており、雨漏りしている屋根の修理費が保険でまかなえてしまう可能性もあるのです。雹の降る日は雨の日より圧倒的に少ないため、かなりの酷い雹でなければ害ということはなかなか考えられません。また、雷の鳴っている日や落雷被害も、雨による被害に比べたら起こる可能性は低いのではないでしょうか。雨の日は多いため、比例して雨漏りの発生する可能性は雹被害や落雷被害より起こる可能性が高くなると言えます。

これは是非とも知っておきたい知識ですね。ただし、全ての雨漏りが保障対象になるわけではないことは知っておく必要があります。家の老朽化によって雨が漏っているという場合は基本的に保証対象外になりますので要注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *