雨漏りに被害に火災保険が利用できる

雨漏りによる家宅内への浸水となった場合、火災保険が利用できるケースがあります。ただし、火災保険が適用できるケースは築年数の経過による劣化で浸水したケースには保険金が支払われません。窓枠の水切り部分のコーキングがやせてクラックが入りそこから浸水するなどのケースは経年劣化とみなされて保険が適用とならないです。しかし、強風により屋根や壁の一部が吹き飛んでしまうケースや圧雪により雨樋が破損するケース、外部からの飛来物や衝突、落雷などのケースで火災保険が適用となります。

様々な気象条件により、それが影響して建物が被害を受け、雨漏りに発展した場合に火災保険が支払われます。建物の自然劣化で雨漏りとなった場合は保険金は支払われません。火災保険に加入していても、火災以外の被害で利用できることを知らない人は非常に多いです。保険会社は、加入時に補償内容をざっくり説明するでしょうが、個々の加入者に利用を促すようなことがないため、浸水しても保険支払いに該当することを知らなければ、ただの損となります。

保険会社は、あえて保険利用は促さないということです。ただし、保険金は2年間さかのぼって請求できるため、見積もりや請求書が保管してある場合それを提出して保険金を受けると良いです。また、自動車保険のように、利用した場合に等級が上がるというようなことが無く、掛け金は変わりませんので、逆に言えば利用しなければ掛け損となります。お宅で加入する保険内容の確認をしてみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *