火災保険と雨漏りの関係

私たちは、もしもの時のために保険に加入しています。独身の男女なれば保険に対してそれほど敏感にはなりません。ですが、家族がいる人にとっては、もしもの時のための保険に加入している人は多い傾向になります。保険の中で、一戸建て住宅を所有している人は火災保険に加入することが多くなっています。

火災保険に加入している一戸建て住宅の持ち主は、およそ8割といわれていますが、高い財産ですので当然加入するべきだと考えている人が多いことがうかがえます。この火災保険は、どの範囲で利用されるかは、意外と知られてないのです。あまり知られていない例としては雨漏りです。雨漏りが発生した場合には、修理代がかかりますが、100万円を超えてしまうような場合も少なくありません。

では、雨漏りの場合どのような条件で火災保険が適用されるでしょうか。その一つが、風による被害の場合です。ただ単に老朽化しただけで雨漏りが発生した場合には保険が適用されませんが、台風などの風が吹いた場合には保険が適用されるのです。もう一つの条件は3年以内の災害であることです。

3年以内という条件は、一種の時効のようなものです。三つ目の条件は、損害金額が20万円以上であることになります。このような条件を満たせば、火災保険を適用することができますか、実際に保険会社が保険を適用してくれるかどうかはまた別です。そこで、保険に対して強みを持っている業者を選ぶことが大事なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *