雨漏りの修理に火災保険は使える?

家の屋根や壁から雨漏りしているのを見つけてショックを受けるというのは多くの人が経験していることではないでしょうか。そのままにしておくと、柱などの大事な構造部分や電気系統に甚大な被害をもたらす可能性があるので、放置するのは厳禁です。しかし、雨漏りの修理費用はそれほど安いものではないので、そうそう簡単に修理を決断することができないという人も多いと思います。そんな時は、もしかしたら火災保険が使えるかもしれないということを思い出してください。

火災保険は雨漏り自体を補償してくれるわけではありませんが、原因によっては保険金が支払われることがあります。例えば台風で屋根瓦が吹き飛んでしまったり、突風による飛来物で外壁が損傷を受けた結果、雨漏りが起こった場合は火災保険が適用されます。保険が使える可能性について知らずにすでに自己負担で修理を行ってしまったという場合でも諦めることはありません。保険を請求できる権利は原因が起きた時から3年間とされているので、3年前までの台風などで不具合が起こった場合は申請することができます。

ただし、建物が古くなった経年劣化による場合は、保険の対象外となります。いずれにしても雨漏りの原因を自分で判断することはできないので、火災保険の対象となるかどうかについては専門の業者に調査してもらう必要があります。火災保険は使っても追加料金は発生せず、等級が下がる、といったこともないので、諦めずに調査を依頼するようにしましょう。名古屋の水トラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *