雨漏りの修理費用相場と火災保険の適用について

雨漏りが発生すると、家屋全体が雨水の浸入や湿気によりダメージを受け、劣化を加速してしまいますし、カビの発生などにより家財にも被害が及ぶことにもつながります。そこで、雨漏りの修理は早急に行う必要があります。しかし、雨漏りの修理のためには、屋根に上るなどの高所作業が必要となるケースが多く、素人が自分で行うには危険が伴います。そのため、業者修理を依頼することになりますが、そうすると費用が発生します。

雨漏りの修理は、その状態により適用する修理方法が異なります。修理範囲が小さければ少額の部分補修となり、その費用は1万円から高くても10万円程度です。しかし、修理範囲が広かったり、雨漏りの発見が遅く家屋への被害が進行している場合、大掛かりな工事が必要となり、100万円を超える場合もあります。また、部分補修であっても再発防止の観点からしっかりとした補修をするならば、更に費用がかかる可能性もあります。

そのため、自費で支払うのは大きな負担になります。ここで考えておきたいのは、雨漏りが発生する原因は、屋根瓦などの破損により、屋根の防水機能が失われることであり、その破損の原因は台風などの風災や、大雪による雪災であることが多いということです。このような自然災害が原因で雨漏りが発生した場合、事前に火災保険に入っていれば、その原因箇所の修理に対して火災保険から保険金が支払われます。従ってまず、雨漏りの原因を特定する必要がありますが、修理を依頼する際に業者にその旨を伝えれば、修理の前に原因調査も行ってくれる業者もありますし、そのような業者であれば保険金の範囲内の修理を提案してくれることも多いので、まずは雨漏りの修理の際に火災保険の適用を修理業者に相談するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *