スレート屋根の雨漏りの修理は原因調査がポイント

日本の家屋に多い屋根のタイプのひとつに、スレート板を用いた屋根があります。本来は粘土質の岩を薄く加工した板状のものを指しますが、天然のスレート板は希少で高価なためほとんど使用されていません。現在のスレート屋根のほとんどはセメントを主原料として作られています。瓦屋根と比べ、軽量でデザイン性に優れているなどの特徴があります。

このように広く用いられているスレート屋根も、経年により雨漏りなどのトラブルが生じることはあります。その場合、適切な雨漏りの修理を行うためには、何が原因になっているのかを正しく見極める必要があります。主な原因を挙げてみると、まずスレート板に浮きやひび割れが生じ、その隙間から水が侵入することがあります。また隙間を埋めたり固定に使用されているコーキング剤が劣化によりはがれてしまい、隙間ができてしまうこともあります。

スレート屋根は頭頂部を細長い板金で押さえる構造になっていますが、この板金が劣化や風雨の影響で釘抜けなどにより浮いてしまうと、そこが雨漏りの原因となります。このようにさまざまな原因がありますが、雨漏りの修理の前にきちんと調査を行うなら、見当違いの修理で費用を無駄にする失敗を防げます。ですから雨漏りの修理業者を選ぶ時には、見積もりと同時に調査を実施しているところを選ぶようにします。その時に不明な点や気がかりな点は遠慮なく質問することも大切です。

雨漏りの修理に自信のある業者なら、そうした質問にも丁寧に答えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *