名古屋地域の会社が行う便器つまりトラブルの対処法

日本では水洗トイレの普及率が約98%で、この数値は先進7か国内でもトップとなっています。1970年代の高度成長期から公衆衛生を保つのに効果的であると水洗トイレが広まり、一般家庭はもちろんのこと学校や会社・商業施設でも備わっているほどです。この普及と比例するように便器つまりトラブルの件数も多くなりました。水洗トイレの場合、汲み取り式とは異なって排水管を下水道に直結させないといけません。

排水管はJIS規格で直径4cmと定められており、ペーパー乙の異物が詰まりやすいです。この便器つまりトラブルが発生した際は、迅速に専門会社に依頼をして対応してもらうのが望ましいです。中部地方の大都市・名古屋では、年間約45万件もの便器つまりトラブルが発生していると市の上下水道局の年間報告書から見て取れます。人口300万人の都市ゆえに発生件数が高いのは必然といえるでしょう。

名古屋には2020年7月現在、計210の水道工事会社があり、このほとんどで便器つまり修理もなされてます。名古屋地域の水道工事会社で実施されている便器つまりトラブル時の対処法としては、「高水圧洗浄法」を駆使されるのが特徴です。この修理法はコンプレッサーを用いて水圧を240hpほどに高めて、排水管内の洗浄をおこないます。以前はワイヤーブラシという道具で職人が手作業で配管内に詰まった異物を取り出していましたが、高水圧洗浄法であれば短時間でトラブルを解消できることで普及しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *