トイレの水漏れ修理は止水栓を閉じることが先決

トイレの水漏れには、給水管から起きるものとタンク内から生じるもの、そして便器と床の隙間からの汚水の3つがあります。

汚水の場合は衛生面においての不安もあるなどからも修理業者に依頼したい、一方タンクや給水管の場合はDIYの経験を持つ人であれば自ら修理ができることもあるので、業者さん頼らない人も多いようです。便器と床の隙間から漏れる原因は便器直下にある排水溝に異物があり水をせき止めているケースで、便器を取り外して修理が必要になることが多いため素人では無理だと感じる人が多いわけです。ましてや汚水の水漏れですから専門業者に任せたいと考える人の方が多いといえましょう。

給水管やタンクから便器に流れる水が止まらないなどの水漏れは、自分でやるやらないに関係なくトイレ内にある止水栓を閉じることが先決です。ただ、水漏れが止水栓から生じている場合は、トイレではなく家の元栓を閉めなければなりません。この場合は家中すべての水回りが使えなくなりますので手際を考えて修理が必要です。タンク内から水が便器に流れ続づけしまうものは、タンク内の機構の一部が故障していたり本来噛みあっていなければならない部品が何等かの原因で外れているなどのケースが多くあります。止水栓を閉じてからタンクの蓋をゆっくり上方向に持ちあげ、内部の機構が正しくなっているのかを確認、一番下にある排水弁の蓋でもあるゴムフロートがしっかり閉まっているのかを確認、ずれている場合は位置を正します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *