アメリカ留学に必要な予防接種とは

アメリカに長期的な留学をするという場合には、予防接種をする必要があります。

もし、予防接種が間に合わなかった場合には、入学をすることが出来なくなってしまう場合があります。留学前は様々な手続きをしなければならず、予防接種は後回しになってしまいがちですが、どのような種類の予防接種を行うべきなのかを確認し、必ず接種するようにしましょう。留学をする上で必要となる予防接種の種類は、アメリカの州によって異なりますが、多くのところで強制接種となっているのが「MMR」と呼ばれるものです。これは、麻疹・おたふく風邪・風疹の3種類です。

学校によっては予防接種を受けた回数も求められる場合がありますので、注意が必要でしょう。その他には、ポリオ・ジフテリア・水疱瘡・破傷風などがあります。アメリカ留学の前に予防接種を受けることが出来なかったという場合には、指定されたクリニックなどで受けることが出来る場合もあります。現地で予防接種を受けるという場合には、日本で受けた場合とは費用が異なりますので、受ける前に費用を確認しておくことをおすすめします。

なお、必要となる予防接種の種類については、変動する場合があります。そのため、常に新しい情報を確認するようにすることが大切でしょう。分からない事があれば、留学先となる学校もしくはエージェントに確認をし、確実で正確な情報を得るということが時間とお金を無駄にしないことにつながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *