技術大国でEUのリーダー的存在のドイツでの高校留学

自動車産業や鉄道インフラ整備において世界でもトップレベルといわれ、日本と並ぶ技術大国のドイツでの高校留学に注目が集まっています。

EUの中でも政治的にも経済的にもリーダー的な役割を果たし治安が安定していることで、安心して生活できるため男子だけでなく近年は女子の高校留学も増加の傾向にあります。ドイツでの高校留学は主に、交換留学プログラムを利用して10ヶ月間ほど現地の学校に通うスタイルと世界各国の学生と一緒に学ぶインターナショナルがあります。

交換留学では地元の学生と同じ学校通い授業を受けますが、語学学校ではいろんな国や地域からの学生か集まっているので異文化交流を満喫でき、どちらにするかは自身の目的に合わせて選んでみてください。インターナショナルでは、英語をメインとした授業を多く取り入れている学校もあり、英語とドイツ語といった2カ国語の言語をスキルアップすることで、将来的に日本だけでなくヨーロッパでの就職に有利になるといわれています。

また、技術大国として知られていますが、サッカーや建築にアート関連も有名で、スポーツや文化に触れる体験留学のプログラムが用意されていますので、お見逃しなく。大学進学のための高校留学やスポーツ体験がメジャーとされていますが、ドイツの教育制度は学問だけでなく職業訓練においても世界的にも高い位置付けにあります。ドイツ語の上達により職業的な専門学校に進むと、ドイツ国内で専門分野の講師の資格が取得できるなどいろんな意味においてもメリットが多い留学といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *