高校留学をする方法の紹介

近年留学をする人が増えています。

中学生以上の学生はもちろん30代や40代でも見られます。留学の種類も様々です。高校留学の場合は学校のある国の都市と姉妹都市であるところの高校へ交換留学する制度が多く見られます。場所はオーストラリアが多いです。期間は1年間です。ですから、日本に戻ったら1年学年が下がりますがそれでも1年間海外の高校へ通って生活をすることは大変価値があり有意義なことです。他には、私立の高校で高校留学のコースを選ぶことです。

前述の交換留学ですとたいてい学年で1名で狭き門ですが、コース制を利用すればほぼ可能です。現地での宿泊方法は、学生寮かホームステイです。学生寮ですと色々な国の人と交流ができます。ホームステイはある家庭に住んで衣食住の世話をしてもらえます。ただ、当たりはずれがあり子供の世話や家事を押し付けられて勉強をする時間が取れなかったり、ろくに食事を出してもらえなかったりする場合があります。

しかし、当たりなら、家族の一員として休日などを一緒に過ごすことができれば英語の上達にもつながりますし、日本とは違った生活習慣を学ぶことができ学校での勉強以外で得ることがたくさんあります。しかし、高校留学のデメリットもあります。それはホームシックです。なにしろまだ未成年ですので慣れない外国に一人でいると日本が恋しくなります。プログラムの途中で帰国することもないわけではありませんので高校留学をお考えの親御さんは注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *